<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
たまらない痒みとその対策
d0241627_10574145.jpgd0241627_1135627.jpg









カリ市には 蚊というよりももっと小さな ”ぶよ” がいます。とんでもない量がいるわけではなく、普通は気が付かない程度。また 肌に止まったな という感じも、飛んでいる音も ありません。ところが 咬まれて数分後にはたまらなく痒みを感じます。地元の人は あまり気にしている風もありません。
対策は 咬まれた後で、日本から持ってきたキンカ〇、と ム〇で応急措置。かきむしらないようにオイラック〇を塗りこむというものです。また 日本から ”蠅取りリボン”を持ってきたので 電球のそばに 御覧のように取り付けてみました。天井が3m近くあり高いので気にはならないけど、これはフイラメント使用の電球や普通の蛍光灯には効果があるが、LEDタイプの電球には 波長の違い(紫外線がほとんどない)で効果が ないといわれています。取り付けは 気休めの意味です。(日本でも最近のLED電球には 集虫効果は ないと思うけど?)。これも珍道中の一コマですな。
地元の人に 効果的な対策を聞いてみると 錠剤を飲む・スプレーを肌に噴射・石鹸の3種類を教えてくれました。そのうち 試してみようと あちこち かきむしりながら考えているところです。
[PR]
by sandayori | 2011-11-29 11:30
ボヤ騒ぎ
d0241627_10311535.jpgd0241627_10324015.jpg










日曜日の午前、パチパチ音がする方向を見ると草むらから煙が出ています。普段は火の気がない草むらなので、誰かが山焼きのようなことでもやっているのかとみていたが、人の気配もありません。このところ雨も降らず乾燥しているので火の勢いは強くなってきます。
10分ぐらいたったら消防車が駆けつけ、燃え広がらずに消火。ここは、アパートの右側斜面の延長で100mほど南へ行ったところ。誰かが 何の目的かわからないけど、火をつけた可能性あり。

d0241627_10333552.jpgd0241627_10355617.jpg










ショッピングセンターの駐車場から見てみると、複数個所から煙が出ている事がわかりました、駐車場内の洗車サービスの連中も 楽しげに(?)見ていました。ショッピングセンターの銀行で用事を済ませて、帰りがけには
消防車関係の人たちが 任務を終了しそうな雰囲気で 見つめています。結局 何事もなく終わったようですが、今日の気温は32度くらいで、乾燥しているので 燃やす必要があった人には格好の条件だったでしょう。
この先、特別なことが起こらねばいいが....と思う次第。
  
午後からは 先輩SVに連れられて なんとコロンビア人と将棋を指しました。一生懸命 指していたので写真を撮る余裕もありません。後日 同行者から写真を入手したら 当ブログで報告します。
[PR]
by sandayori | 2011-11-28 11:06
歓送迎会を郊外で
d0241627_9562767.jpgd0241627_9584548.jpg











今日は土曜日。シニアボランテイア(SV)のご家族がカリ市に到着したことの歓迎と、任期残りがあとひと月のSVの
歓送を兼ねて、今日はちょっと遠出でピクニック模様。MIOと小さなバスを乗り継いでやってきました。カリ川は濁った水しか流れていませんが、ここまで来ると違います。天候もまあまあで、気持ちのいい環境です。いつもは市内のレストランで行うのですが、交通費も150円もかからないので気分転換もかねて幹事の配慮でした。

d0241627_1001876.jpgd0241627_1013967.jpg










昼食は 魚料理をチョイス。きちんと揚がっていて、おいしかったですがレモンでもあればもっと満足だったでしょう。川では水着姿で戯れている人たちが結構いました。水は 結構冷たく 裾をまくって両足を浸けてみたが、5分もいると 相当響いてきます。地元の人たちは、この程度ではこたえないようで、平気ではしゃいでいます。

d0241627_103580.jpgd0241627_1041455.jpg











昼食後 釣り堀に挑戦。今日のお客は 我々だけだったようです。サービス精神のない釣り堀で、一向にアタリが来ません。琵琶湖でのバス釣りのほうが良いな、 と思いながら頑張ってみましたが、釣果は? 強い引きがあって、合わせてみたが水面からちょっと上がったところで、残念!お疲れ様でした。

コロンビアでは、歩行者と車(バス・タクシー・バイク・乗用車すべて)の権利関係は、どうも車のほうが強いようで道路を横断するのに、相当神経を使います。ところが こんなきちんとした歩行者用信号も設置されているところもあります。今 青信号で、あと11秒で変わりますよ と案内しています。市内あちこちに設置してもらいたいもんです。 というわけで、好天のもとで楽しんだ一日でした。
[PR]
by sandayori | 2011-11-27 11:06
防犯対策 と 冷水シャワー
d0241627_12293819.jpg
JICAボランテイアの安全確保には いろいろな配慮がなされます。その一例が”メガフォン”で、今日届けられました。長さは40㎝以上で先端は直径25㎝以上あり音量も結構なもの電池でサイレンも鳴ります。これを使用する事態が起きないように祈っております。夜の外出は控える・お金は必要な額以上は持ち歩かない(見せ金は若干用意しておく)・カメラや携帯はポケットの中にしまって使うときはストラップを手首に巻きつけておく等々の工夫を忘れないようにしています。ATMは一人ではいかない・暗証番号の入力あとは叩いたキーもほかのキーも必ず拭いておく事も必須項目です。
 
コロンビアでは いわゆるお風呂(風呂桶)は 普通の家ではありません。ほとんどがシャワーです。それも温水が出るように段取りしてあるところは少ないようです。冷水シャワーが普通で、慣れてしまえば何でも無いようで、温水のほうが体に悪いという人すらいます。ボゴタ市のように寒い所でも冷水シャワーで済ませますが、日本人でそれに耐えられる人は少ないようです。 先日ガスが止まる事故があり、床屋さんでも冷水で洗髪し、帰宅後も気が付かず冷水シャワーで 早々に終了でした。”いい湯だな!”と鼻歌の一つも出てくる日本のお風呂は、世界でも相当贅沢な習慣ではないですかな?大事に使わねばなりませんぞ。 
[PR]
by sandayori | 2011-11-25 13:38
コロンビア国歌
d0241627_12301511.jpg
何を作る気なのか とみていた西側斜面で 刈り取って乾燥した草を片付けていました。まだ全体像はつかめないけれど、”何か”が現在進行中であります。








d0241627_12274289.jpg
サントス大統領に会えるかも?という事前の話があったようですが、カリ市内の空軍基地である発表会がありました。写真は所属先の上司にあたる人たちですが、”競争力と生産性の向上”の話をしているところです。軍側の発表も2件ありましたが、その内容は割愛。驚いたのは 式の最初に”国家斉唱”と”州歌(?)斉唱”があり、最後にも”州歌斉唱”があったことです。リズミカルな国歌ではあるが、当然と言えば当然の場所での出来事ですね。先日の日系人協会の開会式でも (この時は日本国歌も)”斉唱”があったので、TPOから当たり前に 実施されるということなんでしょう。歌詞ぐらい覚える必要がありそうです....。コロンビアは徴兵制があり18歳から2年間軍または警察で働く”セルビシオ=奉仕する”ことが必要で、街中にいる警察は 本当に幼い顔の”ポリシア”が多くいます。 今日の基地の中では 厳しい顔をした軍人を多く見かけた次第です。日本では低気圧のせいで寒さが増しているようですが、こちらは 外は30°Cでオフィスの中ではクーラーをガンガンで寒いぐらいという環境のの毎日です。
[PR]
by sandayori | 2011-11-24 13:11
ボランテイア3週間めが始まりました
d0241627_9302594.jpgd0241627_9332366.jpg
 









住んでいるアパートは13階建てで屋上には小さなプールやサウナ、集会所等があります。
天気の良い日は、ここからカリ市内を見渡すことができます。サウナも普通の乾式サウナとトルコ風(?)湿式サウナがあり、自由に使うことができます。(汗を流しながら北海道の雪を思うことも。)
右側の写真は東側を見たもので、8階建てのアパート群と2階建ての民家が背中合わせで並んでいます。屋根はレンガ材質の瓦で、できた直後はきれいだっただろうなと思う今の様子です。

d0241627_9342580.jpgd0241627_9351885.jpg










西側と北側の様子。西側の住宅群は開発途中で 何らかの理由で中断したままのもの。住んでいる家も数軒で夜は真っ暗。中庭にあるプールはきれいに見えます。その前面は 2階建ての住宅群で、上から見ると屋根の傷みが少しありますが、地上の目線ではきれいな住宅です。休日の前夜は ところどころで大きなミュージックで大騒ぎは コロンビアでは普通の出来事のようです。
 

さて、今日から配属後3週間目が始まりました。今まで色々な資料を見たり、中小企業を集めた講義を傍聴したり、地元の企業診断へ同行して実態を勉強してきました。今日はその中で感じたことを先輩ボランテイアの力を借りて二人の責任者に話をして今後の活動の見通しも相談した次第。このままのやり方では、定着しないのでは?という指摘に対しても同様の問題意識を持っていたので一安心。日本の企業でも”生産性向上”を会社の文化として定着させるのは至難の業で大変苦労している領域。増して、企業への定着率が極めて悪いコロンビアで、いかにして?という課題をこの組織は基本課題としてもっている。”高望みをしない”という心構えも、シニアボランテイアSVの基本要件として受け継がれてきているが、少ない人数でこなせる領域も限られているので、きちんと合意して動くことが肝要。
とりあえずの進め方で共通認識はできたので、次の課題は やはり”スペイン語の向上”。個人学習を出来るだけ早く始めたいと手配をしたところで、これから ”Aguardiente”を 一杯といきますわ。

[PR]
by sandayori | 2011-11-22 10:23
シニアボランテイア(SV)を招いて昼食会
d0241627_9304149.jpg
何の記念なのかは わからないが、土曜日の夜10時過ぎに ショッピングセンターから花火が打ち上げられていた。アパートの目の前なので、音も結構なものでした。








d0241627_9333775.jpgd0241627_9345276.jpg

  








カルフールのクリスマス商戦の目玉(?)は 薄型TV。ビエラプラズマ、三星液晶、LG液晶が格安で、並べられて販売されています。これ以外では 子供服を中心とした衣料品が クリスマスセールです。日曜日午前中ですが早朝から結構な数のお客さんが来ていましたね。これから 毎週こんな光景が続くことでしょう。そのうちほかの店の様子も紹介します。クリスマスシーズンは1年で最も財布の緩む時期なので、景気の判断はもちろん出来ませんが、三星・LGが世界のスミズミまでいきわたっているんだろうな とは思いました。(どこもTVメーカーは赤字のようで、”繁栄なき繁忙”を繰り広げていることを思うと、複雑な思いが心をよぎります。)

d0241627_9355556.jpg















今日は シニアボランテイア(SV)の4人の皆さんと、青年協力隊(JOCV)2人を招いて、我が家恒例の海苔巻き・ちらし・ジャガイモサラダ・豚の角煮と煮卵・酢の物・茄子の生姜酢和え・大根のなます・味噌汁等々で昼食パーテイでした。クリスマス休暇を中心とした近隣の国外旅行で話が盛り上がりました。行先には それぞれこだわりがあるようで、また 安く仕上げるのに結構苦労されているようです。(日本から 観光に来ることを考えると 割安であることは間違いない。)勤務先が 休みになるケースが多いので、お金はかかるけど大きな楽しみのようです。(我が家の予定は 未定です。)
[PR]
by sandayori | 2011-11-21 10:26
MIOで カリ市内を回ってみたが...
d0241627_935095.jpg
 カリ市内の基幹交通は MIOと呼ばれるバス。ボゴタ市のトランスミレニオと似たシステム。(どちらの都市も地下鉄も鉄道網も無い。)MIOも 御覧のように専用道路を持っている区間がある。、専用駅で各路線を乗り換えるのは無料なので 連絡をうまく利用すれば、1500ペソで長時間利用も可能。今日は その手を使って市内をめぐってみた。








d0241627_9355092.jpg
 いつもの乗り場から、たまたま来たMIOに乗ってみると、乗客も少ないし街の中心を離れた方向へ。どうやら市の東方面の工場地帯へ。終点で 全員乗換です。(平日は 通勤客で混雑することでしょうが今日は閑散としています。)











d0241627_9363033.jpg
乗り換えて向かったのが その名も”Centro". 場所は市内の中心部なのだが どうも再開発の最中のような感じでいくつかの建物を取り壊していた。右奥の囲んである区画が、工事中区域。 左側は いろんなものを売っている小店が 立て込んでいる。コロンビアで人口200万を超えると言われている都市の一断面。











d0241627_937383.jpg
Centro周辺の道は、このような店が通路の両側にありで歩くのもままならない。(左の金網の裏がMIOの専用道路。)売り子の声、スピーカーからの大音響、近くの交差点でのクラクション等々 落ち着いて散策という気分にはなれない。大した金額ではないがそれも心配なので、昼食後出直すことにして この場を退散。ところで これらの商品は どこから仕入れていると思いますか?










昼食後は市内南側へ向かったが、MIOの車内から眺める光景は 特段報告するようなものが見えなかった。
ボゴタ市では たとえば旅行鞄を売る店が街の1ブロック(ほぼ100m)ぐらい全部に集中、次のブロックは家具類、次は オートバイ、その次は 建材、等々車内からそれとわかる風景があったが、今回は ダメでしたね。
また 一目で生活者のレベルがわかると言われる地域も、今回のルートにはなかった。いつもの点のような生活範囲から 線になるように足を伸ばしてみたが、”棒に当たらなかった”午後の散策でした。次回は 別の方角へ線を伸ばしてみます。 
今 夜の8時半。
オーストラリアで行われているゴルフ、プレジデントカップの最終日の模様を見ながらブログをアップしている。
石川遼も Bubba Watsonに引けを取らず、前半終了時点でだが3Upとリードしている。このまま 行きそうな予感がする好調ぶり。

  
d0241627_10555582.jpg
d0241627_10562680.jpg













ショッピングセンター内では、クリスマス商戦まっただ中。コロンビアでの今年の目玉は なんでしょうな?
”アグアルデイエンテ”を 軽く一杯飲んで 石川遼を 応援します。
[PR]
by sandayori | 2011-11-20 11:33
食卓が やっと 届きました
d0241627_7343892.jpg
このアパートに入居して2週間を過ぎるが、今日食卓が到着。話をしてから10日も経っているが、この製品ならば翌日配達も可能な感じのもの。今までは スナックのカウンターで、床に足のつかない回転椅子に腰かけて食事だったが、これで普通の姿勢でビールをいただける事になります。さっそく頂きもののアルゼンチンワインで乾杯。ステーキは結構な量と味だったが、肉の値段を聞くと 日本の半分以下ということで”ボテロ”型にならないように気を付けていきます。

 これは、食卓ではないな~~!と、届いたとき、とてもうんざりしましたが。まあキャンプ生活です。なんでも、ありです。






d0241627_7353971.jpg朝の写真ですが山の斜面には4人が繰り出していました。夕方確認すると、目に見える変化はなかったようですが、来週をお楽しみに。
 








 
ブータンの国王が日本の国会で演説した様子を、ブータン派遣中の知り合いボランテイアSVを通じてネットで見ました。通訳も素晴らしかったですが国王の真摯な態度に好感が持てました。若いにも関わらず国王となって大変でしょうが、お妃と一緒になって、国を過ち無き方向に導くべく貢献してほしいと思った次第。
それに比べ、巨人軍の内紛(?)や しまりの無い閣僚の行為等も マスコミをにぎわしているようで、いい加減にしてほしい と遠くコロンビアから ため息が出る思いです。円高も 一時の介入効果も予想通り薄れて、結局いくら税金が無駄遣いされたのか、自分の立場もわきまえずに 気が重い金曜日の夜です。(動き続ける円高 是か非か?)
明日は MIOを有効活用して 初めてカリ市内を 散策してみるつもり。
[PR]
by sandayori | 2011-11-19 09:43
何ができるのかなー?
d0241627_928861.jpg
最近気が付いたことだがわがアパートの西側の山の中腹で、何かが進行している。
黒人二人が 朝早くから膝丈以上もある雑草を刈り取っているのである。写真は朝8時ころの光景で、草刈作業の途中でお茶(?)を飲みながら一休みしているようでもある。日本刀のような”草刈ガマ”を研いでいるようにも見えた。
先日 この辺りを登ってみたら、雨水を受けるような溝が下の道路と平行に掘ってあった。
大きな工事の前処理というよりは、素人が小さな小屋でもおったてるような感じの作業に見える。
アパートのベランダから定点観測を 続けてみることにする。


d0241627_9501676.jpgこちらは一週間ほど前の光景。
草を燃やしたような跡も見える。日曜日に白い看板のあたりまで登ってみた。山登りは嫌いではないので、道があれば頂上までと考えて行ってみたが、雨の後で滑りやすく、まともな道もないので、下って平地を散歩した。













さて昨夜、日系人協会主催の行事へ行く途中、MIOを降りた後で暗くなっていたこともあって道がわからない状態で ”カン”で歩き始めた。途中警官があちこちにいたので好都合と思い道を訪ねて、方角を確認した。
”あの100mぐらいの陸橋を渡って左側2ブロックほど行ったところですよ”と聞いたので、その通り歩いていたら暗い中を何やら浮浪者のような男が近づいてきた。幸い車も通ってなかったので彼を避けるようにして反対側の歩道へ渡り、そのまま歩いて 教わった方向へ向かった。
今日 そのことを先輩SVに話したところ、実はここが最近危険個所としてクローズアップされている所だと分かった。ネクタイをしているだけでも 狙われるよ とのこと。昨夜は 橋の両側に警官がいたので、何事もなく済んだようだが昼間でも危ないところだと 注意を受けた次第。 またタクシーも 自分で捕まえるよりも、地元の人に呼んでもらったほうが、より安全だということも 改めて理解した次第である。君子とは言えないが”危うきに近寄らず”が 安全確保の一つです。
また 当然のことながら警官がいるということがすでに何らかのサインであることにも留意したい。
[PR]
by sandayori | 2011-11-18 10:37