2013年 09月 20日 ( 1 )
カリ市 最後の朝
今日9月19日 あと数時間でカリ市を出発し 首都ボゴタ市へ向かいます。
  
    

    
昨夜はMさん宅で心のこもった料理の”おもてなし”を受け、ワインの量も進みました。
   

 
   
  
今朝はまず銀行で全額引き出し、残高ゼロ。
   
  

      
次に荷物の郵送で近くの郵便局(4/72)へ。 荷物は一個30kgまで、クレジットはVISAは使えないことが荷物を運び込んだ後にわかり その場で分解、再梱包。家にドルを取りにって、両替屋へ走ってペソ入手で支払い、1時間半に及ぶ大仕事、一件落着。
      
    
 



   
  
昨日9月18日は アパートの不動産屋の備品チェック(入居時の確認済の備品表のコピー入手は必須事項と改めて勉強させられた)。 カーテンのシミ掃除、部屋の掃除合わせて数万ぺそ請求されるも、20か月以上も入居しているので許容範囲のはず、いや 契約書にきちんと書いてある、納得して署名しているはず、等々のやり取りのあと、結局 入居者の勝ち!
     



       
午後は 17日18日のセミナー参加者の参加証明書への署名で事務所へ。70名余りの署名の最初でプリンターのトナー不足、補充用も無し。急遽 タクシーで市内の印刷所へ。そこで 残り50枚ほどの印刷後
署名完了。 参加者名簿と付き合わせたら、参加者数と証明書の数が合わない、等々バタバタして、係のSr.Santiagoは 汗をかきながら修了式会場のホテルへ。当方は 終了式の参加も直前に言われた食事会も 御免してもらって印刷所から歩いて帰宅。 なんともバタバタした(させられた)ボランテイア活動最終日!
 




     
     
事前準備で役割明示、時間割明示で関係者に周知....も無しで、その場しのぎを継続していると当然の結果だが、残念ながら これが教訓にならないのが どうも”コロンビア式仕事術”の様だ。  
     



そんなこんなで約2年間、JICA SV生活 en Cali も終了。 メデタシ メデタシ!

  
    
   
   
[PR]
by sandayori | 2013-09-20 02:11 | カリの生活