2013年 04月 30日 ( 1 )
小説マリアの朗読
小説「マリア」とは、こちら、カリ市出身のホルヘ・イサアクスさんが地元バジェ平原を舞台にした
マリアとエフラインの悲恋物語です。
1867年に出版され、大ベストセラーとなりました。
この本は竹島雄三さんが大学時代に翻訳し、雑誌[新青年」に連載しました。
このことがきっかけになって、日本人移住計画が進められ、実現したというとても有名な本です。
いまから、約100年ぐらい前の話。

 コロンビア カリ市は日系人の方々が1200人ぐらい住んでいるそうです。


そして、日本でいう読書週間の様な週にちなみ、小説「マリア」を日本語、点字朗読+手話付き、スペイン語
フランス語そして、英語と五つの章を読み分けました。
d0241627_547474.jpg

d0241627_5522458.jpg

d0241627_5554764.jpg

d0241627_553832.jpg

d0241627_5541492.jpg


いや~~、反省点もありますが、良い経験でした!!


速報!  La Flor del baile [月下美人」が今年4回目の花が咲きそうです。
4/27日 花芽見つけました!
d0241627_8113392.jpg

d0241627_813845.jpg

d0241627_8145356.jpg

コロンビア カリ市はただいま雨季です。雨の恵みを受けて、植物も活発です。
こんなに、何回も咲くの??へ~~です。
[PR]
by sandayori | 2013-04-30 06:00 | カリ市見聞記