2011年 12月 19日 ( 1 )
日曜日 カリ市内散策
d0241627_4585740.jpg
日曜日の午前、ウオーキングを兼ねて市内散策へ。”連帯の泉”という名前の大きな彫刻がありました。ロータリーの中心に位置していて 交通量も結構あり、たどり着くのにはちょっと苦労。1995年に 建造されたとあります。















d0241627_4592928.jpg
人物は等身大以上のサイズで、坂道を 人と荷物を載せたものを 引っ張り上げているように見えます。カリ市は標高950mで 国土を縦断する三つのアンデス山脈支脈の西山脈にあり この地のスペイン人による16世紀の開拓時代を彷彿させる姿である。中央山脈との間にカウカ川があってカウカ峡谷と総称され、中央山脈と東山脈の間にマグダレナ川が流れている。 










d0241627_50710.jpgd0241627_504410.jpg










そのあと向かったのがカリ市のバスターミナル。ここから国内各地へ向かうので、日曜日の午前中だったが結構な利用客がいた。値段は 飛行機に比べると格安だが ゲリラ等の危険地帯を多く通るのでJICAは 移動手段として許可していない。このターミナルにある公衆トイレが有料(900ペソだから40円程度)だったのにはちょっと驚きです。

d0241627_512882.jpgd0241627_5208.jpg









 
帰りがけの光景。左は 盆栽をベランダに並べてあるアパートを下から眺めたもの。盆栽仕立ては 近くのホームセンターでも一画を占めており、飾ってあるアパートも 結構目につく。右は 轟音をとどろかせて走るバギーカーの連中。


d0241627_523725.jpg
最近の雨で 道路が泥だらけのところを 市の清掃車が来て 掃除しているところ。元を絶たなきゃ、いつまでもこの繰り返しだよね。周辺の整備は後回しにして、アパートやショッピングセンターを作ってしまうと こうなりますね。 というわけで 約3時間のウオーキングでした。午後からは 雷が鳴って雲行きも怪しくなってきた。
[PR]
by sandayori | 2011-12-19 06:01