2011年 11月 18日 ( 1 )
何ができるのかなー?
d0241627_928861.jpg
最近気が付いたことだがわがアパートの西側の山の中腹で、何かが進行している。
黒人二人が 朝早くから膝丈以上もある雑草を刈り取っているのである。写真は朝8時ころの光景で、草刈作業の途中でお茶(?)を飲みながら一休みしているようでもある。日本刀のような”草刈ガマ”を研いでいるようにも見えた。
先日 この辺りを登ってみたら、雨水を受けるような溝が下の道路と平行に掘ってあった。
大きな工事の前処理というよりは、素人が小さな小屋でもおったてるような感じの作業に見える。
アパートのベランダから定点観測を 続けてみることにする。


d0241627_9501676.jpgこちらは一週間ほど前の光景。
草を燃やしたような跡も見える。日曜日に白い看板のあたりまで登ってみた。山登りは嫌いではないので、道があれば頂上までと考えて行ってみたが、雨の後で滑りやすく、まともな道もないので、下って平地を散歩した。













さて昨夜、日系人協会主催の行事へ行く途中、MIOを降りた後で暗くなっていたこともあって道がわからない状態で ”カン”で歩き始めた。途中警官があちこちにいたので好都合と思い道を訪ねて、方角を確認した。
”あの100mぐらいの陸橋を渡って左側2ブロックほど行ったところですよ”と聞いたので、その通り歩いていたら暗い中を何やら浮浪者のような男が近づいてきた。幸い車も通ってなかったので彼を避けるようにして反対側の歩道へ渡り、そのまま歩いて 教わった方向へ向かった。
今日 そのことを先輩SVに話したところ、実はここが最近危険個所としてクローズアップされている所だと分かった。ネクタイをしているだけでも 狙われるよ とのこと。昨夜は 橋の両側に警官がいたので、何事もなく済んだようだが昼間でも危ないところだと 注意を受けた次第。 またタクシーも 自分で捕まえるよりも、地元の人に呼んでもらったほうが、より安全だということも 改めて理解した次第である。君子とは言えないが”危うきに近寄らず”が 安全確保の一つです。
また 当然のことながら警官がいるということがすでに何らかのサインであることにも留意したい。
[PR]
by sandayori | 2011-11-18 10:37