2011年 10月 03日 ( 1 )
コロンビア最初の週末
d0241627_9272876.jpg

  まづコロンビアの地酒を、ということで試してみたのがサトウキビを原材料にした蒸留酒。アルコール29%
 なので焼酎並です。味は 芋よりも重い感じですな。


d0241627_931103.jpg

  日曜日 トランスミレニオを利用して旧市街の一画へ。にぎやかなので近寄ってみると動物愛護の
  デモのようで、参加者はお祭り騒ぎのようです。
d0241627_9345672.jpg

  ボゴタ市へ行ったら闘牛を観る価値があると、駒ヶ根のスペイン語の先生に言われていたので近づいて
 見ましたが、今日は閑散としていました。先ほどの動物愛護デモで 闘牛も反対されていましたね。

d0241627_9382964.jpg

 国立博物館内は フラッシュなしで写真撮影が可能です。しかも無料でした。太古の地層からの発掘物から
 始まって、インカ帝国のもの、コロンブスに代表される征服の時代、殖民地時代、さらにミイラの展示等々
 短時間では無理なので、再度挑戦するつもり。

d0241627_9414650.jpg
 トランスミレニオは 発展するボゴタ市の枢要な交通機関しかも安い(1700ペソだから85円程度)。
 この車線は ほかのバスや乗用車・バイク等は入れないので、渋滞が考えられない。
 1000万人ともいわれる大都市を支えるのには必須。市内のあちこちでは建設ラッシュ。違和感があるのは
 柱が十分に太くはないように見える事、ほこりだらけの工事現場、外装があまりきれいには仕上がってない
 事、工事の安全に日本ほど気を配っているようには見えない事等があります。われらの高度成長時代を
 彷彿させる”都市の論理”でした。
[PR]
by sandayori | 2011-10-03 10:13 | コロンビア