日本の生活が始まった
ボランテイアの最後の公式行事 
  
9月20日(金) コロンビアの首都ボゴタ市ではコロンビア行政府関係者(JICAの受け入れ窓口)への帰国挨拶、日本大使館で大使に帰国挨拶。(その前にはJICA支所長との懇談や諸経費清算等が。) これでコロンビアでの行事はすべて完了。夜はJICA調整員氏のおもてなしを受ける。


  
9月21日(土)と22日(日)はボゴタ市近郊へ一泊小旅行。
  

 
9月23日(月)夕方JICA調整員氏等に見送られエルドラド国際航空へ。深夜米国Houstoneを経由し25日(水)午後2時半成田空港着。(自分のお金では乗りたくない航空会社!)夜は宿泊先の近くの居酒屋で乾杯。
   


翌26日(木) JICA市ヶ谷にて帰国手続き。150名弱のボランテイアが一堂に。コロンビアは4名だが世界各国から帰国した仲間たち。出発前 駒ヶ根で一緒に生活した顔と2年ぶりの再会。最後は外務省鈴木副大臣より各自 感謝状なるものを受け取る。派遣された国の民族衣装が鮮やか。(JICA議連なるものが存在して関係する議員が20名!程参加していました。それでボランテイアの名札には出身県が書かれていたわけです。)
 
   



27日(金)は午後から帰国報告会という特別面談。国際貢献という経験と納税者という立場からの視点の不具合について話したが 相手の某女史には 難しすぎたかも。その後目黒にあるコロンビア大使館へ帰国報告。館内はコロンビア領域なので すべてスペイン語(?)、6年めの大使は貫録十分で、各種行事参加等を含めて今後とも協力を要請させられて、ここですべての公式行事終了です。
  
  



 
翌日9月28日(土) 滋賀県の我が家へ。

足 (車) の確保
給湯器のつなぎこみ
荒れた常盤万作の生け垣、枯れたもみの木の処理等庭の整備
インターネットの手配(すぐに使える手段も必要)
住民票転入届け
年金に関する届け(非居住者の扱い変更、現況届)
健康保険手続き
健康診断(帰国後30日以内)
近所関係者へのご挨拶    等々目白押し
  
 



お土産等々コロンビアから送った荷物がまだ到着していない!
   



こんなそんなであわただしく日本の生活が始まりました。時差の解消にも時間がかかりそう。
(10月に予定していた東北北海道ツアーは しばし延期することにしました。お土産は到着次第郵送します。)
[PR]
by sandayori | 2013-09-30 05:46 | 日本に帰国しました


<< 42年ぶりの再会 カリ市 最後の朝 >>