カリ市での歯の治療 その2
カリ市での歯の治療は どんなものか、後学(高額)のためにも 記述出来る範囲で ”自分のために”記録に
残しておきます。






木曜日(1日)
ずいぶん前にクラウンをかぶせる治療をした後、コロンビアに来る前に日本で治療していなかった方
の歯が、同僚からもらったチュウインガムを噛んでいたら少し動いた感触あり。
午後の企業訪問は予定通り。
帰宅後 歯がぐらぐらするので、明日の診療予約をとるために近くのクリニックへ電話番号を見に出かけた所、まだOPENの時間だったので英語を話す看護師の助けを借りて A doctorに問診をうけた。

金曜日(2日)
事務所へは 歯医者へ行くのでと連絡をいれて、これも近くのX線LABOで 写真を上下14枚撮影し
一応立体像が 目視できる状態には なった。その写真を元に A Doctorと相談し、ダメなところ・弱っているところは抜歯しよう。下あごのINPLANTは 問題ないので。こちらもダメなところは 抜こうというのが このA Doctor側の提案で、ごく最近 先輩SVもそのようにされて すっきりしていますよ、とのこと。
(この先輩SVが残念ながら一時帰国で日本へ向かったばかりで、詳しく話を聞けてはいないのが不安要素)
この後一応 仮歯のための型をモールド。

土曜日(3日) 
土曜日ながら出勤し各自の進捗報告、気になるPJの進捗等々で3時過ぎまで職場のコミュケーション会議。 夜はスカイプで東京と1時間ほどTV会議。

日曜日(4日) 
好天の中 市内散策。ゆっくりとビール・刺し身・寿司・焼きそばをいただく。

月曜日(5日) 
午前中は出社。昼食後に意を決して歯科医へ。抜歯作業は B Doctoraで、簡単な説明の後 署名を数か所に求めれれる。 その場で 麻酔薬注射のあと抜歯。結構手間取った歯もありましたな。
今度はC Doctoraのところで 仮歯のはめ込み。注意事項と処方箋をもらって、近くの薬局で 痛み止め、塗薬り等を購入して帰宅。
疲れがどっと出たのと、歯茎の腫れがあるので 午後は静養。おかゆが主食(?)

火曜日(6日) 
今日は静養、抜歯による痛みはない。仮歯の装着は まだ無理。(おかゆとラーメン) 

水曜日(7日) 
今日も静養、昼前仮歯を装着して散歩、問題無し。夕方 仮歯なしで 軽い運動、こちらのほう が問題なし。(おかゆ・スープ・ラーメン・ゆで卵等々)
東北大震災情報1年後を ネットで見る。 相当な時間 見た。
           
[PR]
by sandayori | 2012-03-08 15:09


<< 鎮魂 久しぶりに 刺身を 食べてみました  >>