カリ市での歯の治療
JICA SV(シニアボランテイア)の応募資格は 満40歳から69歳未満(各応募締切時点)で 自分が属する団塊世代も少なくはない。自分は ”定年後の8万時間に挑む” (加藤 仁著・文芸春秋社)に 触発されて応募して来たが、いずこも同じで 簡単なことではないことを日々痛感している。



その一つが語学力。応募要項では スペイン語の能力要請はなく、英語のTOEICが必須であるだけ。駒ヶ根研修所でみっしり2か月間スペイン語漬けにされた後、スペイン語国へ派遣される。派遣先で1か月 さらに研修を受けて、実際の派遣先へ赴任する。駒ヶ根では シニアだけのクラス編成で、正直言って各人の語学力の差は感じられない(というよりも 自分のことで精いっぱだった)。 ところがコロンビアへ来てみると、同期(?)の若い隊員の吸収力は 恐ろしいもので、一挙に差が広がる。SVは、これは本当に千差万別で、駒ヶ根研修を受ける必要がなかった人たちが結構いるのには驚く。
”大学でスペイン語を勉強していました”、”若いころからメキシコで働いていました”、”スペインで10数年仕事をしていました”、”会社員時代 南米スペイン語圏の仕事をしていました”等々 非常にスペイン語と親しんできたSVが多いことに驚きましたですね。昨年の今頃 初めてスペイン語に触れて、ウノ・ドス・トレスと勉強して今に至っているが、正直なところ ”少なからぬ焦り”が どこか片隅に しぶとく存在するのを感じている。これから応募を考えている諸兄姉は 十分ご留意のほどを とコメントしておきたい。




もう一つは やはり健康問題がある。JICAの健康に関する注意事項は少なからずあり、顧問医のコメントも厳しいものがある。公費で2年間派遣することから 極めて当然ではあるが、残念ながら派遣国で治療を受けることも少なくはないようだ。高血圧の降圧剤等は良くある話のようだが、同じように少なくないのが”歯の治療”で、一応日本にいる間に それなりの治療を受けてきてはいるが、2年間手を加えないでいるSVは あまり多くないように見受けられる。コロンビアの歯の治療技術レベルは、よくわからないから日本できちんと治療しておきましょうね、と言われてせっせと日本の歯科医に通ったが、想像以上に早く治療の必要が出てきて実は ひるんでいた。とうとう 我慢の限界を超えそうなので、夕方 予約なしで近所の歯科医へ行ってきた。
幸い先輩SVが 治療を受けていて歯科医で、英語が通じる看護師がいたので大助かりで、今日は問診と検査のみだったが、明日以降はレントゲン撮影から抜歯へと作業が進みそうで、どんなことになるやら楽しみ半分の気持ちになっている。コロンビアの歯科治療のレベルをこれから体験してゆくわけだが、今日の受け付けや検査・問診は 極めて良好で、英語を介しての質問にも 歯・歯ぐき・骨を図説して わかりやすかった。分業が進んでおり、明日は レントゲンの専門医(?)で 次のステップが始まる。技術レベルは 相当高いよと先輩SV諸氏は 話してくれるが、気がついたところを 追々報告したいと思っている。なお コロンビアはレーシック手術治療に関しても 技術レベルは相当高いものがあり、しかも低価格・短時間で対応するというのが 内外での評判らしく国外からも多く手術を受けに来るそうだ。また アメリカでよく見かけた 歯の矯正治療を受けている子供たちも相当数みかけるし、昼食後の歯磨きを習慣にしているコロンビア人は 職場の例を見ているとかなりの割合に見えてくる。 まあ 仕事もあるが いい経験をさせてもらっていると考えたい。
[PR]
by sandayori | 2012-03-02 12:09


<< 久しぶりに 刺身を 食べてみました  先輩SVの歓送会 と 3度目の... >>