SIMカードの交換
数日前から携帯電話の調子が悪い。”sim registration failed"というメッセージが出るとともに、何の動作にも応じてくれない。Power off して再度Power onで 復帰するという状態が毎朝のように起きた。近くのmovistarに行ったら本社へ行ってくれということで、今日ウオーキングを兼ねて行った。

受付で並んで(行列で並ぶのに、あまり抵抗が無い人が多く、ゆったり待つ)、事情を話し、番号札とともに2階へまわされる。ここでは椅子に座って待つが、肝心なところで女性とスペイン語が通じなく、英語の話せる女性がいる1階へ降りて話をすすめる。

携帯電話の登録してある契約者(JICAボゴタが一括契約で各地域のボランテイアに渡されている)が、movistarのしかるべきところ(#600という番号)へ電話をすると、新しいsimカードを渡す ということが理解できた。その場でボゴタへ電話して(こういう時に限って sim registration failed”のメッセージが出る)、初出勤のJICA職員を煩わせる。


11時になるとこの事務所は昼休みで、周囲が静かになるが、英語を話す女性は、JICAボゴタとはスペイン語で、我々には英語で 親切にも対応してくれて、結局2時間以上かかってsimカードを渡してくれた。


アパートに戻ってから交換して今のところ不良は再現していない。メモリー等、何の追加作業も必要なく もちろん番号も変わらないが、この手の不良って結構多いのでは(?)と思って、苦労話とともに書いてみました。



d0241627_10432242.jpg 
街の様子は昨日と打って変わって、普段通り。カリ川沿いに クリスマス以来の飾りが残っていたので、次の時まで 記念に1枚。今日も天気は悪くは無い。
[PR]
by sandayori | 2012-01-03 10:54


<< カリ市 動物園 Feliz Año Nuevo >>