好天のもとで グランド整備用トンボづくり
d0241627_10272865.jpgd0241627_1028325.jpg
コロンビア各地では 季節柄の雨や集中豪雨で被害の出ているところもあるようだが、カリ市は好天です。野球指導で来ている若い隊員T君の手伝いで汗を流しました。グランド整備に欠かせないトンボづくり。資金調達から材料用具購入・グランドへの運び込み等はT君が準備してありました。さっそく材料の寸法合わせと切断作業。8歳の野球少年も手伝いで参加しています。初めて鋸を使用するようで、これも訓練。ここの野球場はT君の話ではカリ市でもっともしっかりした球場とのことだが、きっちりした整備で磨きをかけて行ってほしいものです。

d0241627_10284068.jpgd0241627_10291243.jpg
カンナが無いので紙やすりで面取り作業。整備作業で 素手でトンボを使う人が安全に使えるように、きれいに丸みを付けます。これも結構な作業でした。そのあとは 釘の打ち付けで、形が仕上がってきます。終わるころには指にマメができていました。そういえば最近ゴルフクラブも握っていないもんな-(笑)。なかなか意気のあった作業振りで、これも年の功ってやつですな。


d0241627_10294646.jpgd0241627_10301239.jpg
出来栄えをチェックする先輩SVのSさんと若い隊員のOさん。なかなかよくできていますね。総数19本(釘が足りなくて1本は未完成)で所要時間は3時間強。30°Cはあろうかという熱い日差しの中で汗をかきながらの作業で、終わった後のビールがおいしかったですね。お疲れ様でした。(材料の厚さに対して釘の長さがやや足りないのが不安材料だが、なーに形のあるものは壊れるものよ)。
[PR]
by sandayori | 2011-12-11 11:22


<< 運動不足を解消したいが..... コロンビアも12月ですが... >>