コロンビアも12月ですが...
12月に入っているが、一向にその気配が感じられないでいる。日本では厳しい寒波で北海道の雪はもちろんのこと ゆっくりしていた清水寺の紅葉も一気に進んだというニュースがネットでみられる。寒い中での忘年会だのセーターを着て〆のゴルフだの年末恒例の行事で師走を感じていたが、いづれも ここには無い。クリスマスの飾りつけは 確かにあちこちにあるが、それとセットのはずの”何か”が足りない。これが 赤道直下付近の南米の12月なんだろうな と不思議な気分が続いている。今日は半袖のワイシャツで通勤した。昼間の気温は正確ではないが30°近くはあった。

d0241627_1013827.jpgd0241627_1022861.jpg










サンタクロースの飾りつけが、近くのマンションの前にあった。暗いのでわかりにくいが、内側はソリと雪の組み合わせで、この地ではピンと来ない。右側は ショッピングセンター内で 大音響の演奏。一応クリスマス向けのようだが、半袖シャツがハワイアンを感じさせる。(後ろに見えるNavidad は クリスマスの意味)。やけどや火事で危険すぎるのでボゴタ市では 法律で花火は禁止、ここカリ市では自由。近所から その花火の音が聞こえ始めた。楽しい週末の始まりです。ブヨの痒みは続いているが、これから チクとAguardienteでも 頂くがじゃ。
[PR]
by sandayori | 2011-12-10 10:51


<< 好天のもとで グランド整備用ト... コロンビア人と将棋を指しました >>