事務所のトイレに鍵(南京錠)って 普通?
コロンビアのトイレは 入口に鍵がかかっています。JICAのボゴタ事務所も、トイレへ行くときは 事務所から鍵をもっていきます。カリの勤務先も同様です。カリ市の某学校も そのようです。トイレ室入口に鍵のケースもあるが、入口はフリーで中の個室に入るときに鍵というのもあります。個室状態の内側からロックするような仕掛けは 今までのところ見かけません。いったい何故? 理由は 未確認ですが お金の支払い(つまり所有権・使用権)と関係があるのか、または 安全(セキュリテイ)のためなのか、面白い風習の一つです。ちなみに レストラン・ショッピングセンター・そのほか公衆トイレ等は 日本と同じです。

d0241627_1310762.jpg
左の写真は、タイトルとは関係なく家賃の支払い小切手です。銀行振り込みの手続きが済んでいないので、小切手を使います。問題は 署名 つまり サイン。真似されにくいので パスポートと一緒の漢字が良いよ と言われて最初の銀行は漢字でしたが、ペソを使う銀行では 何気なしにアルファベットを正式なサインと登録してしまったようです。意識の上では漢字しか残っていなくて、支払い手続きを漢字でしたときは一波乱でした。歳のせいにしていますが、内心はドッキリ。サインしかない世界で混同はもってのほかです。そのようなわけで 今回は写真に残した次第。これも珍道中の一コマですな。
[PR]
by sandayori | 2011-12-06 13:25


<< コロンビア人と将棋を指しました 我が家に カラオケセット到着 >>