防犯対策 と 冷水シャワー
d0241627_12293819.jpg
JICAボランテイアの安全確保には いろいろな配慮がなされます。その一例が”メガフォン”で、今日届けられました。長さは40㎝以上で先端は直径25㎝以上あり音量も結構なもの電池でサイレンも鳴ります。これを使用する事態が起きないように祈っております。夜の外出は控える・お金は必要な額以上は持ち歩かない(見せ金は若干用意しておく)・カメラや携帯はポケットの中にしまって使うときはストラップを手首に巻きつけておく等々の工夫を忘れないようにしています。ATMは一人ではいかない・暗証番号の入力あとは叩いたキーもほかのキーも必ず拭いておく事も必須項目です。
 
コロンビアでは いわゆるお風呂(風呂桶)は 普通の家ではありません。ほとんどがシャワーです。それも温水が出るように段取りしてあるところは少ないようです。冷水シャワーが普通で、慣れてしまえば何でも無いようで、温水のほうが体に悪いという人すらいます。ボゴタ市のように寒い所でも冷水シャワーで済ませますが、日本人でそれに耐えられる人は少ないようです。 先日ガスが止まる事故があり、床屋さんでも冷水で洗髪し、帰宅後も気が付かず冷水シャワーで 早々に終了でした。”いい湯だな!”と鼻歌の一つも出てくる日本のお風呂は、世界でも相当贅沢な習慣ではないですかな?大事に使わねばなりませんぞ。 
[PR]
by sandayori | 2011-11-25 13:38


<< 歓送迎会を郊外で コロンビア国歌 >>