MIOで カリ市内を回ってみたが...
d0241627_935095.jpg
 カリ市内の基幹交通は MIOと呼ばれるバス。ボゴタ市のトランスミレニオと似たシステム。(どちらの都市も地下鉄も鉄道網も無い。)MIOも 御覧のように専用道路を持っている区間がある。、専用駅で各路線を乗り換えるのは無料なので 連絡をうまく利用すれば、1500ペソで長時間利用も可能。今日は その手を使って市内をめぐってみた。








d0241627_9355092.jpg
 いつもの乗り場から、たまたま来たMIOに乗ってみると、乗客も少ないし街の中心を離れた方向へ。どうやら市の東方面の工場地帯へ。終点で 全員乗換です。(平日は 通勤客で混雑することでしょうが今日は閑散としています。)











d0241627_9363033.jpg
乗り換えて向かったのが その名も”Centro". 場所は市内の中心部なのだが どうも再開発の最中のような感じでいくつかの建物を取り壊していた。右奥の囲んである区画が、工事中区域。 左側は いろんなものを売っている小店が 立て込んでいる。コロンビアで人口200万を超えると言われている都市の一断面。











d0241627_937383.jpg
Centro周辺の道は、このような店が通路の両側にありで歩くのもままならない。(左の金網の裏がMIOの専用道路。)売り子の声、スピーカーからの大音響、近くの交差点でのクラクション等々 落ち着いて散策という気分にはなれない。大した金額ではないがそれも心配なので、昼食後出直すことにして この場を退散。ところで これらの商品は どこから仕入れていると思いますか?










昼食後は市内南側へ向かったが、MIOの車内から眺める光景は 特段報告するようなものが見えなかった。
ボゴタ市では たとえば旅行鞄を売る店が街の1ブロック(ほぼ100m)ぐらい全部に集中、次のブロックは家具類、次は オートバイ、その次は 建材、等々車内からそれとわかる風景があったが、今回は ダメでしたね。
また 一目で生活者のレベルがわかると言われる地域も、今回のルートにはなかった。いつもの点のような生活範囲から 線になるように足を伸ばしてみたが、”棒に当たらなかった”午後の散策でした。次回は 別の方角へ線を伸ばしてみます。 
今 夜の8時半。
オーストラリアで行われているゴルフ、プレジデントカップの最終日の模様を見ながらブログをアップしている。
石川遼も Bubba Watsonに引けを取らず、前半終了時点でだが3Upとリードしている。このまま 行きそうな予感がする好調ぶり。

  
d0241627_10555582.jpg
d0241627_10562680.jpg













ショッピングセンター内では、クリスマス商戦まっただ中。コロンビアでの今年の目玉は なんでしょうな?
”アグアルデイエンテ”を 軽く一杯飲んで 石川遼を 応援します。
[PR]
by sandayori | 2011-11-20 11:33


<< シニアボランテイア(SV)を招... 食卓が やっと 届きました >>